隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エンジンがかからない・・

こないだエンジンがかからないというお客様が、早速現場に急行
補助のバッテリーをつなぎとりあえず鍵を回し始動を試みますが
かかりそうにはなりますが・・かからない
初爆はあるがかからないという状況
お客様に話をうかがうとエンジンスターターでかけようと試みたがかからず
その後手動でかけようとしたがかからなかったということ
まあバッテリーが弱くてかからなかったのかな・・と整備スタート

プラグ交換してバッテリーをつなぎ再度始動・・・何とかエンジンかかりました。
診断機つないでみるとエンジン始動不良というコードが入ってましたがその他はなし
一応様子を見てもらうことに・・・

二日後またもや電話が・・・・まったく同じような症状
始動は出来ましたが念のため工場に入庫し点検をすることに
車両は平成20年D車の軽ワンボックス走行距離43000キロ程度
バッテリーの点検から始まり燃圧やら火花やらほぼ問題がない状況

あとは圧縮?まあ新しい車だし大丈夫だとは思うけど
測定してみると1番3番8キロ程度…2番だけ4キロ・・・
原因発見しましたw全く予想外の展開
ありえないでしょう…圧縮が下がるなんて
VVT?・・・VVTがだめなら3つとも圧縮上がらないはず・・そもそもついてないw
一応バルブクリアランスの確認・・ほぼ基準値内の収まっています

ということはピストンリングの摩耗・シリンダーの摩耗が原因?
この方オイル交換は半年に1回必ず行ってますし、エアーエレメントは車検ごとに交換されています
できる範囲でのメンテナンスはされている方
ヘットを下しシリンダとピストンを確認シリンダーの摩耗は異常なし
ピストンリングが固着してる様子もないちょっと張力が弱いかなという感じ
ピストンリングを交換し圧縮を測定基準値に戻りました
なんだか今までの常識が崩れ去る思いが…
昔から圧縮・火花・混合気この3つがそろえばエンジンはかかる
この3要素は修理の基本でしたがVVTの異常などがない限り圧縮は気にせず
火花と燃料を確認する
これでほぼ間違いなく問題は解決していました

最近の燃費競走の裏側で過酷な状況のもと酷使されるエンジン
少しでも摩擦ロスをなくすためにピストンリングも薄くなり張力も抑え気味

こんな状況になり20年前軽自動車なんて10万キロ走ったら廃車だって言ってた頃に
精度と技術が上がったことにより逆戻りしてるような気がします

電気自動車やハイブリット何年乗れるんでしょう?




スポンサーサイト

| 自動車整備 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/608-96f722af

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT