隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

持つべきものは近くの技術者

ここ数年で、修理に入ってきた車で部品の生産中止というものが増えています。
今年の春には、昭和54年製のトラックのガラスが割れて入庫・・・生産してませんてことも
このトラックどうなったかは今度報告しますが

先月のこと・・お客様から『車軸が折れた!タイヤがあっぺ向いてる!』と携帯に電話が

フロントのタイヤがあっぺ向いてるということはタイロットの不具合?急遽現場に行くと
畑の横の細い道路の側溝に脱輪したらしく見事にエンドではなくタイロットが損傷しておりました。

20161102002.jpg

          ↑これがタイロットですここが折れてました


部品取り寄せて交換しますねと話し、
応急措置で、一旦外し折れてしまった部分を溶接し工場まで何とか動けるように加工しました。
溶接したのならそのままでもいいのではと思う方もいらっしゃると思いますが
足回りなどの部品は溶接などの熱加工はNGなのです

ということで部品注文
えっ!!!嘘…生産中止ですと・・・
この車両・・・昭和ではなく平成9年車まあ20年前ですが・・・
いまも中古では200万から300万と高額で販売されてる車です。買われたのも3年ほど前
部品ないから修理できませんというわけにはいきません・・
まずは部品やさんに相談・・ないなら溶接しかないねと・・それができれば相談しないですw

色々手を尽くしましたが部品としての供給は無理・・そしたら作るしかない!
ということでまずは国土交通省様にご相談
その結果同等もしくはそれ以上の強度が確保でき熱加工等行わなければ大丈夫ではないかということに

メーカーにタイロットに使ってるパイプの材質教えてと投げかけてみましたが、教えてくれるわけもなくw
何とか調べることができパイプの調達と加工をお願いするのに近くの鉄工所さんに
北海道にパイプはなく神戸から取り寄せできるということでお願いをし両サイドにタイロットエンドを取り付ける
ネジを切ってもらうお願いもしてきました。隊長w簡単に思ってましたがこのネジを切るのが大変なんだそうです
旋盤で切ってもらうのですがこれがなかなか難しいらしい・・

20161102004.jpg  20161102003.jpg 20161102001.jpg

出来上がったのはこんな感じです

こんなパイプですがこれがないとハンドルで操作ができないわけでこの部品製作できなければ
このトラックは廃車になり輸出されるか、部品取りとして解体されるしかなかったわけです。

今回は近くの旋盤技術者の方に感謝です

本当はメーカーさんが製作してくれると良いと思うのですが・・
部品の値段は高いし物はないしと…
これからは部品製作なんてことも必要なのかもしれません


スポンサーサイト

| 自動車整備 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/601-4e5c5643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。