隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

異常気象

日本中どこもかしこも、異常気象・・・ここ北海道も
最高気温が10度を下回っていたと思ったら、急に30度越えとか・・
気温の変化だけならまだしも、雷雨・竜巻の警報が出たりと
地球の歴史からすれば、ちょっとしたことなのかもしれません
そんなことは学者さんが考えてくれればいいこと・・

さてさて空から雹が降ってきたら・・どうすればよいか
いろいろ考えたけど・・やっぱり屋根のあるところに逃げるより仕方が無い
逃げるに当たっては・・雹の上は氷と一緒なので、充分気をつけないと
スリップ事故なんてことも・・

大雨に出会ったら、アンダーパスには近寄らないこれが一番
水の流れって結構強いので流されるなんてこともあります。
さてどのくらいの水溜りなら大丈夫なのか・・
以前20センチ程度の水溜りに入ってしまい、
運悪く・・・エアクリーナーから浸水・・・燃焼室に水が入り
ウォーターハンマー現象が起き、コンロットが曲がってしまい
エンジンオーバーホールする羽目になってしまった方がいらっしゃいました。

連日のゲリラ降雨、高いところで、少し待つ
そのくらいの余裕を持たないと大きな代償を払うようになるかもです。

今流行の電気自動車・ハイブリット、一応は水没しても感電しないように
設計されていますが・・・試した方は誰もいませんし、
思いもよらないことがおきるのが事故です。

一応、低電圧、ハイブリット、電気自動車の講習では
事故の車に触るときには、絶縁手袋、水没した場合にはしばらく近寄らず
放電されるのをまってから作業しましょうと指導を受けてますw
気をつけましょう~~
スポンサーサイト

| 車に関して | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/555-1b963aea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。