隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今と昔

さてさて隊長が整備士になって、早25年が過ぎました。
最初の5年は・・・作業員でしたが(今も大差ないかもですがw)

20年前と今車を修理するということに変わりはないのですが・・・
どうも違和感が拭えません 年をとったからでしょうか

調子が悪いといって修理に持ち込まれる車
20年前は、どこが悪いのか?なんて少しもわからなかった。
先輩整備士は、音を聞き、目で見て、触って、点検・・・そして不具合箇所を
見つけていく、経験こそ知識の時代でした。
今は?というと高度診断機接続・・・故障コード読み取り
読み取ったコードに基づき・・・点検交換修理完了
調子が良い悪いに関係なく(ちと乱暴な言い方ですが)修理完了
警告灯が消えたら直ったと言う流れ・・・・に
ここがどうも違和感の原因のようです。

たとえば、エンジンのかかりが悪い、警告灯点灯・・・水温センサーの異常のコードが・・・
水温センサーがショートしてる・・・
水温にかかわらずフェールセーフが働き・・・水温80度と言う信号で固定されるので・・
水温が低いときに・・・必要な燃料が噴射されず・・かかりが悪い状態になっていた。
と言う事例があったとします・・・
水温センサーの働きがわかっていなくても、診断機を使えれば・・・修理できてしまう。
それも昔の整備士よりもスマートにw

水温センサーの働きがわからなくても修理できてしまう整備士それで本当に良いのでしょうか?
隊長w結論が同じなら、方法はあまり気にしないんですが・・・
機械的な整備をずっとしてきた整備士さんが・・・高度診断機を使うのと
最初から高度診断機を使う整備をしてきた人たち・・
高度診断機では発見されない機械的な不具合、そんな爆弾を抱えた車が
増えていくような気がします。











スポンサーサイト

| こんなこと書いても良いのか? | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/553-468a643f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。