隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひとりごと

さてさて、どうも最近の自動車・・・
ユーザーさんを無視しているように思えてなりません。

環境に配慮した車、安全に配慮した車、表向きはユーザーのためですが・・

安全に移動するなら、汽車(電車)のほうがずっと安全
環境にも1台のバスで多くの人が移動するほうがずっとエコです。

どうも自動車を作ってるところの思惑通りになってるような気がしてなりません

以前は、ステーションワゴンを、ライトバンにすることが出来ました。
8人乗りの後ろのシートを取り外し人間人分の荷物をつめる貨物自動車にすることが出来ました。
55キロ×8人なので400キロぐらいですけど・・
ステーションワゴンを買ったけど、もう必要じゃなくなったから、捨てるのももったいないから
という発想が、法律で出来なくなってしまった。
出来なくなったというと語弊がありますが、ブレーキ性能の試験の方法が違うから・・
という理由なのですが・・どうも屁理屈の思えてしょうがないw

シートの位置をずらしたいと思っても今度は取り付けの強度検討が必要とか・・
シートを替えようと思えば・・シートの強度検討が必要とか・・
挙句の果てには衝突したときの試験も必要だなんて・・

今の日本ではメーカが作ったとおりの状態で無ければいけないというのが国の方向のようです。
どうしてなのでしょう?
自動車って、趣味の一部?じゃないのでしょうか?
爆音を轟かせて、我が物顔で走るのも趣味だからとは言いません
ガソリン・ジーゼルエンジンがハイブリットや電気自動車と同じ騒音にはならない
だから排気騒音の基準がある、それを超えなければ良しとしないと・・・・
プリウス乗ってる人が、フェラーリうるさいといったら、
フェラーリ乗ってる人が悪い人って話にはならないでしょう・・・

こないだも書きましたが・・。
前のウインカーを赤にするのは、車の前後ろの判断がしずらいので危険ですが、
後ろなら、赤でもオレンジでも、いいような気がします。

シートの取り付け位置を変えたところで大きく加重の配分が大幅に変わり
安定走行に支障が無ければ、良いような気がします。
取り付け強度とか、衝突基準とか・・必要なんですかね?
必要だとしてももっと簡単に出来る方法があってよいはず・・

キャンピングカーまではいらないけど、ちょっと後ろで横になれる車がほしいと
思ってベットみたいなものをライトバンの後ろにつけたら・・
貨物でもない、キャンピングカーでもないから、登録できないといわれる・・
キャンピングカーの調理台と流しが無いだけで、車として登録できない。
個人の自由とか、個性の時代とか言ってる割に、
実用的に使う車・趣味の車も個性は認めない

結局は、面倒なことはしたくないというのが本音なんでしょうね・・・

巷の整備工場さん・ディーラーさんによくある看板
不正改造車お断り!!
この看板はまさに面倒なことはお断りですと言ってるのと同じ

整備工場ならどんどん不正改造車を入庫して、保安基準に適合するように
修理・アドバイスをするのが仕事だと思うんですけど・・
元通りに戻すのではなく、ユーザーさんが使いやすいよう、ユーザーさんの望む形に
少しでもちかずけられるようにするのが、本来の形だと思うのですが・・

いつも思うこと・・車って高いおもちゃであり、道具でもある。
だから車に人間が合わすのではなく・・・車を人間に合わせる

仕事するのに使いやすい道具を選ぶのは当たり前、少し工夫をして
自分なりに使いやすい形にして効率を上げるのも当たり前の話だとおもうのですが・・





スポンサーサイト

| 車に関して | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/545-250ed12f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT