隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

活躍wを前に

シーズン到来の前に、ちょっとだけ黒鳥くんの修理をすることに

今年4月に車検をとったのですが・・どうもブレーキの調子がw
少し後ろのブレーキが引きずり気味な感じ
クラッチきって惰性で走ってる時にキーという音が・・・
隊長w整備士ですからブレーキのオーバーホールなんかお手のものw
ということで早速ブレーキばらすことに
20120608102626.jpg  ちゃちゃっとリアのキャリパーを取り外しましたw

20120608102655.jpg キャリパー分解、中のピストンシールを取り外した残骸です

あとは、パーツクリーナで洗い流しながら1200番のペーパーでピストンのサビを落とし組み付けです

20120608102642.jpg グリスつけながら(ブレーキ専用のグリスですよ~)もとついてたように組み上げます

リアが済んだら次はフロント所要時間1時間半程度でしょうか、無事交換も終了
これでツーリングも大丈夫!!  のはずですw

ただ隊長wの黒鳥・・・



 


デュアル・コンバインド・ブレーキ・システムなるものがついていて、
ちょっと油圧回路が複雑・・ブレーキのエア抜きにはちょっと苦労しました。
このデュアル・コンバインド・ブレーキ・システムかなりの優れもの
フロントブレーキかけたらリアも適正な油圧で効いてくれるという代物らしく
その分少し油圧回路が複雑なわけでw

どうやらフロントブレーキはフロント左右のキャリパーの上側のブリーダー
リアブレーキではリアの上と真ん中ブリーダー
プラス、フロント左右のキャリパーの真ん中のブリーダーからエアーが抜けるようで
まずはそれぞれからエアーを抜きました。
あとはフロント左のキャリパーに付いてるマスター?を作動させて残りのラインの
エア抜きをして終了。。(多分本職の方はもっと簡単な抜き方をするんでしょうけど(^^ゞ
あっw\(◎o◎)/!隊長wも本職だった・・・

修理の結果ですが、隊長の黒鳥くん後ろブレーキを踏むと・・
リアブレーキの3個のピストンとフロント左右の真ん中のピストンに油圧がかかり
前ブレーキを握ると、フロントの左2個右2個のピストンに油圧がかかる仕組みのようで

走行中に、フロントブレーキを握ると、
フロント左のキャリパー下側のブラケットを止めているボルトを支点にタイヤ回転方向に
キャリパーが動く、このキャリパーの動きに連動してマスター?のようなものが作動・・
その結果適度な油圧がリアのキャリパーにかかる仕組みのようですw
なんとハイテクなバイクでしょうwと一人で感心しておりました。。



スポンサーサイト

| バイク整備 | 02:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすが本職ですねぇ~
不調と感じるや、分解整備とは。

じきに、看板に「バイク整備します」が
追加されるのでは?!(*`▽´*) ウヒョヒョ

| かね | 2012/06/10 19:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/480-8572ae8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT