隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まだまだ出るんじゃないですかね?

アメリカで大騒ぎのようですね世界の○○タ
社長さんが男泣きとか・・ 日本でなら同情もあるんでしょうが
現地のアメリカではどうなんでしょう??隊長は行ったことないのでわかりませんが

数年前に日本でも同じような事がありましたよね三菱(こちらは実名で失礼しますw)

リコールの届出を出さなかったとか・・お客様のご意見を無視したとか。。
不具合の内容は別として内容は大差のないことですが
これから国内でも出てくるんじゃないですかね。。
なぜか?というと・・・


田舎の整備工場 隊長だけかもしれませんが・・
自動車メーカーに対する不信感というのは以前と比べて数段大きくなっているように思います
特にトヨタさんには・・
隊長の父親が整備工場を始めた頃は、田舎には、ディーラーと呼ばれる工場は少なく
修理自体は民間の整備工場がという事が多かったようで
協力店なんていう名前で各社の看板を掲げていたところもあったようで

当然部品にしても、情報にしても持ちつ持たれつの関係だったようです
車の販売の協力であったり、部品の購入に協力したり、時にはユーザーさんへの説明も・・
そんなかたちでした

メーカーさんにとって整備工場はお客様の一部であり、
ユーザーさんとのパイプという位置づけだったと思います

現在はというと、整備工場はお客様では無く、
各地にディラーなるメーカーが対応できるのでパイプでも無くなりました

極端にいえば、仕事を奪う邪魔者という位置づけのようで
業績が上がらないので純正部品の値引きをなくすとか・・取引量がすくないから取引を抹消するとか
十数年前、どうか取引をしてください、販売に協力してくださいと言っていたのに・・・
派遣切りや採用取り消しなんて騒がれている事以外でいろいろなことが起こっております

一番はっきりわかるところは
保証修理についてはユーザーさんから直接話しをしていただけないと対応できません
これが現在の実情です
これからはおそらく、
不具合が起きた場合整備工場で確認、メーカー飛び越して監督官庁にという形になっていくと思います

これが国内でも、増えるでしょうねと言った理由です
隊長が知っているだけで、数え切れない数の部品が、ユーザーの知らない間に交換されています




スポンサーサイト

| こんなこと書いても良いのか? | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/427-2ede97d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT