隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インチアップ~

さてさて、最近は自動車が無くてもという人も増えてきています
でめっきり、昔、はやったマフラーとか、足回りとか、エンジンパーツ
GTパーツと呼ばれる商品が売れなくなってきています
法改正で、騒音の規制が強化されたり、時代はエコというのも理由の一つなのかもしれません

そんな中でも足回り、特にアルミホイールの需要は未だに健在です。
得に北海道、夏タイヤと冬タイヤが必要で、新たに車を購入した場合、
車には夏タイヤが装着されているので冬用のタイヤを用意しないといけません。
それでどうせ買うなら、装着されてるホイルを冬タイヤ用に、
夏はちょっと格好の良いホイ-ルでインチアップしよう!!ってかたも多いです
新車の場合は・・タイヤも新品なのでもったいないから同じサイズという方が多いですがw
添付タイヤ買い取ってくれるなんていう、販売店さんもあります


このインチアップwほとんどの場合はタイヤの直径を合わせる感じで、選んでます
仮に装着タイヤが205/55-16(外径635)であれば225/45-17(外径633)
これで外径がほとんど変わらず、スピードメーターの誤差も出ないということにw
じゃあ18にするとしたら・・・225/40-18(外径636)となるわけですが・・・
ここで問題がwタイヤにはそれぞれ許容荷重(負荷能力)というのが有ります
簡単にいえばタイヤが耐えられる重さといえばわかりやすいと思いますが・・
これが205/55-16だと615kg 225/45-17も615kg 225/40-18はというと・・・560kg
となっています・・
ということは・・・225/40-18では耐え切れない可能性が!!という問題が出てくるわけです。
そこまで考えると・・・235/40-18というサイズのタイヤのなるわけです。
こうやってインチアップするときは、タイヤサイズを決めているわけですw
banner_02.gif 
とここまでは一般的な話w続きは隊長の考えです







で205/55-16から18インチにしたいとき、本当に235/40-18じゃなきゃいけないのでしょうか?
225/40-18のほうが外径も良いし幅も2センチ程度なら余裕がありそうで、良いのだけど・・・

ここで問題なのは負荷能力
205/55-16との比較では55kg少ない・・・では?履かせる車この車の重さって?
何kgあるんでしょう?
これは車検証に記載されてますよね車両総重量って欄に・・・
乗用車であれば車両重量に乗る人の重さ足した重さになります
簡単に言ってしまえば・・・前軸重・後軸重にそれぞれ、5人定員なら275kgを足して2で割る
それがタイヤの負荷能力より小さければ履けると言う事です。(ちょっと乱暴ないいかたですがw)

ぎりぎりの場合でも自動車の諸元表があれば正確な重量がわかりますので
それを参考にしてください。
最近流行のミニバンタイプの車この辺以外は外径だけ気にしていれば大丈夫なような気もしますが
参考までに調べてみると面白いかもしれませんねw
スポンサーサイト

| 部品について | 10:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

インチアップをすると、大きい負荷に耐えられる様になると
思っていました。逆なんですねぇ~f(^^;)

それでも多くの車がインチアップしているのは
見た目重視以外の何者でもないのかな?!

| かね | 2009/06/22 16:35 | URL | ≫ EDIT

紛らわしいかき方でしたね
ホイルの大きさが大きくなってのメリットは
かねさんの言われるとおり見た目が一番ですw

インチアップするときに、タイヤの幅を広げて
タイヤの厚さを薄くしますよね?
これによりコーナーリングや高速走行時の安定性は
数段に良くなります。。
ここでは書ききれませんが、良いこともありますのでw

| 隊長w | 2009/06/23 15:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/392-ad6ffb20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。