隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オイル上がり・下がり

オイル上がりピストンのオイルリングがオイルを掻き落とせないので燃焼室内にオイルが残ってしまう。
この事をシリンダー内にオイルが上がると言います。
エンジンオイルも一緒に燃えてしまうので、
アイドリング状態でマフラーから白煙が出てきます。
ヒドイ場合だと走行中にモクモク出てます。
ピストンやピストンリング等交換すれば直ると思いますが、シリンダライナも磨耗してるでしょう。

オイル下がりバルブのステムシール(ゴム製)の硬化が原因で燃焼室内にオイルが落ちます。
この事をシリンダー内にオイルが下がると言います。
エンジンオイルも一緒に燃えてしまうので、一般的にエンジン始動直後にマフラーから白煙が出ます。
始動直後に空吹かししてみてください。モクモク出ると思います。
バルブステムシール交換すれば直ると思いますが。

とあるサイトにこうかいてありましたw
これってどんなことかわかります?


隊長も良く使う言葉です。オイル上がり・オイル下がり
お客さんからオイルが下がってるみたいなんだけどとか
上がってるみたいなんだけど、といわれたことはほとんど無いです。

大抵オイルが減るんです・とか白い煙が出るんですと整備の依頼が来るのがほとんどです。

オイルが減る=オイルが漏れていると思う方がほとんどだと思いますが
1ヶ月に1リッター減る車・・・もれていたら車のしたオイルまみれ
になってるはずです。。200ccのコップの水、床にこぼしたら凄いことに
なるでしょ?
大抵はオイルを食うという現象
下がるか、上がるかということなのです。
ここの考え方を間違えるとオイル漏れなおしたけど
オイルへるの止まらない・・・という結果になるわけで

ほとんどの場合オイル下がりオイル上がりは説明の時に使う言葉で
そこを直すという方はほとんどいらっしゃらないのが現実です
下がっているのか、上がっているのか判断するのもなかなか難しく
直す場合は両方ともというのが一般的なのかもしれません
直す=エンジン載変えこれが最近の主流
そういえば最近オーバーホールして無いなぁー
ちょっと前まではコンマ5オーバーサイズピストン入れてとか
やってたんですが・・
最近はほとんどやら無いですね

これも時代なのでしょうか?
オイル上がり、下がりする車の共通点は
オイルの管理が悪い!ということです

あっ・・ステージアオイル交換してない・・
減るようになる前に交換しておきます~

スポンサーサイト

| 自動車整備 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://skrs.blog21.fc2.com/tb.php/214-2b6d0c19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。