隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

≫ EDIT

噴射ノズルが・・・

最近ぼやくばかりなのでたまには車ねたも

文字色車はトヨタトヨエース2KDエンジンが載った比較的新しいトラック

症状は・・・走行中白い煙をはき、力が無くなるとのこと

点検開始です、まずは3000つないで故障コードの確認

P0400とP0200400はEGR、200は噴射信号系ということで

まずはEGRを点検することに・・はずしてみると案の定カーボンでびっちり・・これでは動きも悪いはず

ということで簡単に清掃できるところを清掃EGRバルブは念入りに清掃をし取り付け

噴射信号系の点検も一通り済ませ

入っていた故障コードを消去後試運転、調子はよい感じその後故障コードも入らないし一件落着

かなと思っていましたが・・そんなに甘くはありませんw

しばらく走行後今度は1番シリンダーが働いてない感じに

それと同時にまたP0200のコードが点灯・・・

1番シリンダーだけだから・・・コンピューター・インジェクター・インジェクタードライバー・ハーネス

もしくは1番シリンダーだけ圧縮がないとか?とりあえずは0200のコードが出てるのでそれの点検を

エンジンコントロールコンピュータとインジェクタドライバ間で噴射の駆動回数が不一致ということらしく

点検方法としては・・・繋がってるハーネスとカプラの点検、インジェクターの抵抗の点検

コンピューターからの波形の点検で異常がなければドライバーということですが・・・・

ほんとに?ドライバーなの?だって・・・ノズルのところで波形見ても1番 2番3 番 4番ともに

同じ波形だし・・・絶対ノズルが怪しいんだけど

ということでインジェクターの単体点検の方法を探してみることに・・・・・

噴射ポンプ修理するところもどこも単体の点検はできないとのこと、データモニターで

噴射補正値の値で判断をするそうです・・・

高電圧・高圧力での噴射ですので・・・試験は難しいのはわかりますが・・・ぼやいていても仕方ないので

4番シリンダーと1番シリンダーのノズルの入れ替えをしてみることに、

それで4番が不調になればノズルが悪いということになるはず・・・

結果・・・1番は調子よく4番が少し不調に・・・・(微妙でした)が1番の戻すとまた不調になるので

1番シリンダーノズル不良という判断に。

新品を注文しようと価格を聞くと・・・6万円!!!一本??×4 24万円なり

ということでどこかでリビルト品を出していないか探してみます。

いつもお願いしてるところで、探してもらうことに成功~~でもって

送ったノズルも単体でテストしてもらえることに(今後の勉強のために)

インジェクターを取り付け番号を登録し試運転すこぶる調子がよくなりました!

結果0200のコードも検出されなくなり整備完了

デンソーさんでも再生?(リンク品)を準備しているそうですが、市販には流通していないとのこと・・

サービス対応部品っていうんですかね?トヨタディーラさん向けにしか出していないようです。


スポンサーサイト

| 自動車整備 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こっそりと

ハザードの点滅回数が保安基準に適合していないということで

こっそり、リコールでていますね、巷ではドイツ車の問題で持ちきりですが

ドイツ車よりこちらのほうが、ものすごくやばい事例だと思うのですが(日本においてですが)

仮に対象のドイツ車が輸入されていたとして、日本には現在それを違法だとする法律がないのだから

ものすごくイメージは悪いですが、法は犯していないことになる・・・でもって保安基準にも

おそらくは抵触していないとおもいます。(確かではないので明言は避けますが・・)

一方ハザードの件は完全にアウト!

『保安基準に適合していない』と言ってしまってます。

当然車検は通らないということです。

騒音の基準を超えるマフラーつけたり、太いタイヤ履かせてフェンダーからはみ出したり

そんな違法改造と同じレベルの話

でもって、法律では違法改造をした業者は罰金が課せられます

6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金だったような気がします・・・・

いつも思うことですが民間の小さな整備工場が同じことをしたらあっという間に行政処分、

もっといえばあそこの整備工場法律破って違法改造に手を染めた悪いところ。

メーカーさんは新聞には載りますがほぼ罰則が適応されたなんて話は聞いたことがありませんし

法律に適合しない車を作って悪い会社なんていわれることもありません。

高速道路で自動運転の試験してみたり、試験用のエンジンに積み替えて一般道走行したり

二次架装やったり、保安基準に適合しない自動車製作したりと、やりたい放題ですねw



| 車に関して | 17:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふとした疑問

マイナンバーが始まる?と巷で講習会やら、管理するシステムやら、書式やら

あわただしいかぎりですが・・・・これって?会社が責任もってやることなんでしょうか?

マイナンバーもれたら大変といわれてますが、税金使って管理のシステムつくって運用していた

何チャラ機構ですらもれたのに・・・民間企業では無理でしょう。

というか・・・・数十年前の手書きとPCの混在していた時代ならいざ知らず

今回のマイナンバーPC使う前提で話が進んでいますよね?

もうすでにクラウドでアプリケーションを使う時代、

マイナンバーを利用したい機関が、管理アプリなり書式なりを

準備すれば良いのではないでしょうか?

企業にはリスクは増えるけどメリット何もない(今のところですが)メリットがあるところが

経費を負担する、これすごくわかりやすいと思うのですけど?

税金を徴収するところが番号で管理することでメリットがあるのだとすれば

そこがアプリケーションを準備する、企業はそこにアクセスし申告をする、

ついでに給料計算アプリも一緒に作っておいてくれるとありがたいのですがw

そうすれば・・・健康保険や雇用保険も一緒に申告できるというか・・・

給与計算=申告そのくらい国の経費でやってくれても罰は当たらないと思いますが・・

マイナンバーを妨害(言葉悪いですが)簡単な方法は

運営される前にマイナンバーを公開する。

もれれば悪用される可能性があるならば、私のマイナンバーすでに公に漏れています

という方が大多数なら、怖くて運用できないと思いませんか?

もしくは公にもれても心配の無いシステムを構築してくれるかもしれませんw

| 自分のこと | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大騒ぎしてますが

VWのことを書こうかと思いもいましたが、その話はまた今度ということで

平成23年6月3日届出 改善対策届出番号 407
これなにかわかりますか?
日本のトラックメーカーさんが出したリコール

ある条件で排ガス処理システムが働かなくなり
走行時、大量のNOx(窒素酸化物)が排出される。
このときはエンジン制御プログラムの影響で運転操作によっては窒素酸化物の排出量が
悪化する恐れがある

ということで制御プログラムの書換をおこなう措置をとり、それににより粒子状物質除去装置が
頻繁に詰まる恐れがあるのでエンジンを含めた恒久的な対策を検討する
これ2010年の頃にあったお話
意図的にやったわけではないのでそくリコールで対応したわけです

国で定める試験方法で合格することが目的だったと言うことでしょう
環境のためであれば、排気ガス処理システムが働かなくなる状況を作り出し
そこも改善させる。リコール作業で対策しているのだから初めからやれば出来る話
ある限定された特殊な状況でおこったから想定外だったとか・・
全く信憑性の無い話、第三者は簡単にその状況を作り出してしまったわけですから
結局は環境は二の次で試験に受かるかどうかが重要
これが自動車メーカーの法律遵守の考え方なんだと思います。

≫ Read More

| こんなこと書いても良いのか? | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月