隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

≫ EDIT

久々の登場です

2013022701.jpg

最近は隊長のPCの前で横になりいつも邪魔してくれる、たまちゃんです。

こんなタマちゃん・・・今月のはじめ家出をしました。

お昼にお客様が戸を開けた隙に逃亡・・・

外はあたり一面雪なので出ても直ぐに戻ってくると思ってましたが・・

夕方になっても戻ってきません。夜中じゅう近所を探したけど見つからない

ここ、北海道は夜になると氷点下、外にいたら間違いなく凍死してしまう温度。

それからまる2日、半ば諦めかけていた時に・・玄関先でニャーという声

戻ってきました!!

さぞかし外で寒かったろう・・お腹すいたろう・・と思いきや

なんと!!体重が増えてる!!

お前はどこに行ってたんだ。
スポンサーサイト

| | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜか火災が・・・

最近車が燃えるという事故が、多発してあります。

多発といっても、一日に何台もというわけではありませんが・・

ただ・・隊長が整備士になってもう20年以上なりますが、

ここ数年の事故の数は、かなり増えてきているように感じます。

どんな事故かといいますと、

マフラーが損傷、その損傷箇所から排気ガスがトラックの荷台にかかりそこが加熱され荷台が燃えた。

作業灯の配線が熱を持ち配線が燃えた。

パワーゲートの油圧モーターの電源回路がショートその配線が燃えた。

なぜ??こんなことが起きるのか?隊長wなりの推測です

まずは1例目、整備不良と言ってしまえば、簡単ですが・・・そもそもマフラーが損傷するときって

外部からの衝撃だとか、経年劣化によるもの、この経年劣化する時間が短くなっている

修理をしていて、排気ガスが漏れている→溶接して様子を見る→

マフラー自体が腐食して薄くなる→修理ができないから交換という流れ。

この腐食する時間が短くなってきている・・・

こないだもマフラーが壊れて交換をするとき、マフラーは薄くなり、取り付けしているボルトも

腐食して工具では回らない状態、切断機でボルトを切断。

これってきっと塩カルのせいなんだと思います。今までの点検方法では大惨事になりかねません。

2例目は、これは、素人さんが作業灯を取り付けた結果ですw

通常、ヒューズは電源に近いところに取り付けます、これは、配線周りでショートした時の安全のため

このヒューズが入っていなかったため、配線がショート熱を持って発火したというう事例

通販やら、オークション、量販店やらで、簡単に品物が安い値段で手に入る時代取り付けまでは

丁寧に教えてくれませんので、こんな結果になったようです。

余談ですが・・配線の太さも、細すぎると火災の原因になりますので、消費電力とご相談してくださいw

3例目ですが・・・パワーゲートのモーターって結構な電気が必要です。

なのでリレーを使ってかなり太い配線で、取り付けしてあります。それでも燃えた!!

なぜか?というとこれもやはり腐食・・・リレーの内部、モーターの取り付け部等で腐食が発生

接触不良を起こし、電源線が加熱→出火というわけです。

俺はプロのお仕事、リレーもついてる、安全のためのヒューズもついてる・・・配線も太いものに・・

それでも出火するわけです・・・

この原因もおそらくは・・塩カル

こんな北海道の道路で電気自動車って大丈夫なのでしょうか?というう隊長のおうちもPHV購入しますw

最近北海道の車、特に札幌近郊の高速道路を頻繁に使っている、車は買うものじゃないという話を

聞きます・・マメに下回りを洗っている方の車でも、かなりの腐食があるようですw

恐るべき塩カル・・・

安全のために人の命のためなら、自動車なんて安いものです・・・・か???

| 車に関して | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月