隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こんなに違う

日産に続きスバルもですか・・・
悪意なく行っていたと言ってますがそんなことはどうでもいいこと

古いブログ読み返しているとエンジンを乗せ換えた自動車を路上で試験してたとか
排気ガスの基準をクリアするのに特別なプログラムを使ってたとか
リコール隠してたとか、2次架装してたとか
もともとゆるーい業界だということです

どこの会社も営業停止になってないしなくなってもいない
多少悪いことしても大丈夫な業界だということです

ちなみに隊長wの会社のような指定整備工場が
検査員以外の人が検査をし適合証に記載することが常態化してたら
検査員解任指定取消認証も取消でしょう・・・悪意があるなしに関係なく
公文書偽造など・・・刑事告発を受け・・検査員他会社役員は逮捕起訴され有罪判決を受けることでしょう

だからということではありませんが検査員がいなくなると設備はあるけど持ち込んで国の検査を受けるとか
病気で検査員の方がお休みの時は車を出せないなど制約があります
小さな会社は小さな問題でも命とり・・・
大きな会社はなくなると社会に与える影響が大きいから?すみませんとお詫びをすればなかったことになる
いつまでこんなことが続くのか・・・づっとでしょうね

スポンサーサイト

| 車に関して | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エアバック

いつ収束するかわからないエアバック問題
新たな動きが

エアバックのリコール完了してなければ有効期限の延長ができない
ってことになるようです

重大な事故が起こる可能性があるかららしいのですが・・・
いまいちピンときません隊長wには

そもそもリコールというのは
設計・製造過程に問題があったために、自動車メーカーが自らの判断により、
国土交通大臣に事前届出を行った上で回収・修理を行い、
事故・トラブルを未然に防止する制度で

国土交通省は、リコール届出の過程において、以下のような役割を担っています。
不具合情報の収集・分析
メーカーのリコールへの取組状況の調査
取組状況が不適切であれば指導又は監査等
届出内容が不適切であれば改善指示
メーカーが自主的にリコールを行わず、かつ、事故が頻発している場合には勧告・命令
をするとなっているのですが‥

この文章をそのまま読むと
すくなくとも
タカタのエアバックがどうのではなく自働車のメーカーが独自でやること
国土交通省には監督指導責任があるということ
勧告警告を受けるのはユーザーではなくメーカーだという風に読めます


仮に重大な事故が起きる可能性があるのであれば・・・
回収修理が進んでいないということが問題なはずで
これに対する勧告指導がされているとは思えません


この影響なのか・・シートベルトやエアバックは中古部品として販売してはいけないということになっています
リコールが速やかに行われていればすべてが安全な部品になるはずですが‥
いろいろ思うことはありますが
車検に行って有効期限が更新されずユーザーが不利益を被ることだけはなくしてほしい物です

| 車に関して | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3号車

ずっと更新してませんでしたが‥‥設定していたパスを忘れてしまい
ログインできなかったわけで・・・・久々の更新です
3台目製作していたトレーラー完成写真は

2017100302.jpg 2017100301.jpg

こんな感じです 1号車が白 2号車がシルバーそして3号車が黒

先月中には完成していましたがいろいろあって10月登録に申請時につかった
寸法図は・・・

横面寸法01
後面寸法
前部寸法
こんな感じでこの数値をもとに計算書作成し新車新規検査
今日無事ナンバーがでました

| 車に関して | 14:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旨物工房2号車

旨物工房1号車として活躍していたトレーラが売れてしまい
のんたの実のんたの穂販売のための機材運搬をする車両が無くなるということで
急遽!2号車を製作しました、と言っても暇見て作っていたものを完成させたわけですが‥

20161116001.jpg 20161116002.jpg

製作車の検討書作成するのにこんな感じで寸法入りの図面作りますこれ横から見たところ
ありゃ・・荷台オフセットが記載されてないw

20161116003.jpg 20161116004.jpg

でもって後部からと前部の寸法後方からの写真実は間違いが一か所w(最後にこたえ書いときます)
ランプの取付位置やら・・色やら新規なら白だけど古い物はオレンジだとか‥
トレーラー製作するたびに法律が変わっているような気がします

この寸法図のほか材料の強度検討書、フレームのどの位置にどのくらいの荷重がかかるかとか
最大安定傾斜角とか、保安基準に適合してるかどうかの検討書などなど添付して
軽自動車検査協会さんに提出し審査をしていただきます

結果OKということであれば改造自動車等審査結果通知書を交付していただきいざ検査場へ

まずはブレーキと電気周りの検査、牽引車につけたまま走行試験
その後は長さ・高さ・幅など、寸法や重さを測り通知書と同じかどうか検討しOKが出ればいよいよ登録
の前に新しい車体番号を打刻(今は貼り付けて封印するタイプ)してもらい
それを確認後いよいよ新しい車検証が出来上がりナンバーをもらい完成
今年最後の物産展では、1号車に代わり2号車が活躍できました。

また軽トラが入庫したら3号車を作るかも知れません。

さいごに・・・何が間違いかというと正三角形の反射板がさかさまののですw









| 車に関して | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

構造変更

構造変更について・・・今回は乗用車→貨物自動車にということで種別の変更なのですが
大きな問題がなぜか・・乗車定員も変更しなければならないことに

数年前までは乗用車から貨物にすることは可能だけどブレーキ性能試験が乗用車と貨物車では違うので
公的機関で試験をもう一度しないと変更はできないということがあり実質不可能な時期がありました。

ブレーキは乗用車のほうが数段厳しい試験を行ってるはずですが試験の方法が違うからという理由
らしく・・平成11年以前の車しか変更できなかったのですが、なんか新しい車も良くなったようなので・・・

ということで今回このくるまw
20161015FJ01

FJクルザー変更後なのでナンバーは1になってますが、この車を乗用車からバンの貨物車にすることに

20161015FJ03    20161015FJ02

写真見てもらえばわかりますが・・リア右側の2人掛けのシートを外し仕切りのバーを製作し取付
この程度で3人乗りで積載100キロのバンに代わります

出来ればなのですが5人乗りで積載180キロとかで登録できれば良いのですが…
人数が減った分の重さが積載量になるなので人数が減らない限りは積載が取れないというのが理由らしい

ただこの車・・海外からの逆輸入で国内に入ってきてるものがありその車はなんとw5人乗りの貨物になるらしい。
だから国内販売の車もってことにはならないけど、もう少し幅持たせてほしいですね。



| 車に関して | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT