隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旨物工房2号車

旨物工房1号車として活躍していたトレーラが売れてしまい
のんたの実のんたの穂販売のための機材運搬をする車両が無くなるということで
急遽!2号車を製作しました、と言っても暇見て作っていたものを完成させたわけですが‥

20161116001.jpg 20161116002.jpg

製作車の検討書作成するのにこんな感じで寸法入りの図面作りますこれ横から見たところ
ありゃ・・荷台オフセットが記載されてないw

20161116003.jpg 20161116004.jpg

でもって後部からと前部の寸法後方からの写真実は間違いが一か所w(最後にこたえ書いときます)
ランプの取付位置やら・・色やら新規なら白だけど古い物はオレンジだとか‥
トレーラー製作するたびに法律が変わっているような気がします

この寸法図のほか材料の強度検討書、フレームのどの位置にどのくらいの荷重がかかるかとか
最大安定傾斜角とか、保安基準に適合してるかどうかの検討書などなど添付して
軽自動車検査協会さんに提出し審査をしていただきます

結果OKということであれば改造自動車等審査結果通知書を交付していただきいざ検査場へ

まずはブレーキと電気周りの検査、牽引車につけたまま走行試験
その後は長さ・高さ・幅など、寸法や重さを測り通知書と同じかどうか検討しOKが出ればいよいよ登録
の前に新しい車体番号を打刻(今は貼り付けて封印するタイプ)してもらい
それを確認後いよいよ新しい車検証が出来上がりナンバーをもらい完成
今年最後の物産展では、1号車に代わり2号車が活躍できました。

また軽トラが入庫したら3号車を作るかも知れません。

さいごに・・・何が間違いかというと正三角形の反射板がさかさまののですw









スポンサーサイト

| 車に関して | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

構造変更

構造変更について・・・今回は乗用車→貨物自動車にということで種別の変更なのですが
大きな問題がなぜか・・乗車定員も変更しなければならないことに

数年前までは乗用車から貨物にすることは可能だけどブレーキ性能試験が乗用車と貨物車では違うので
公的機関で試験をもう一度しないと変更はできないということがあり実質不可能な時期がありました。

ブレーキは乗用車のほうが数段厳しい試験を行ってるはずですが試験の方法が違うからという理由
らしく・・平成11年以前の車しか変更できなかったのですが、なんか新しい車も良くなったようなので・・・

ということで今回このくるまw
20161015FJ01

FJクルザー変更後なのでナンバーは1になってますが、この車を乗用車からバンの貨物車にすることに

20161015FJ03    20161015FJ02

写真見てもらえばわかりますが・・リア右側の2人掛けのシートを外し仕切りのバーを製作し取付
この程度で3人乗りで積載100キロのバンに代わります

出来ればなのですが5人乗りで積載180キロとかで登録できれば良いのですが…
人数が減った分の重さが積載量になるなので人数が減らない限りは積載が取れないというのが理由らしい

ただこの車・・海外からの逆輸入で国内に入ってきてるものがありその車はなんとw5人乗りの貨物になるらしい。
だから国内販売の車もってことにはならないけど、もう少し幅持たせてほしいですね。



| 車に関して | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もめるはずです

さてさて久々の更新ですが、最近の自動車保険事情ということで

事故割り増しなどと言う言葉定着してきました

昔は等級が3つダウン?(あっぷ?どちらなんでしょう・・・)まあ20等級が17等級になって

その分保険料が上がる大体ですが1割から2割程度だったのでまあ保険使いましょう

つてのが普通でした・・事故割がでてからは保険使うと5割り増し以上に・・・・なるケースがほとんどなので

使うか使わないか計算してからってケースがふえてきました。

そんなケースにもなれてきた隊長ですが・・・こないだ・・・

対物超過をつかった新手の交渉が・・・・・

対物超過って事故の相手の車が全損のとき・・・修理をすることを前提として50万円を限度に

修理費を出していただける、ありがたい制度、なのですが

これを使う使わないは保険契約者の同意が必要

だから『俺は使わん!』といわれたら、決められた評価額までしか

支払われない、まさに当てられ損

この制度を逆手に取ったあらての交渉が・・・・

保険屋さんが主導してるのか契約者が考えたのかはわかりませんが

事故の過失割合8対2が気に入らないそれなら対物超過使わない

7対3なら超過使っていいと・・・・

これ保険代理店が指導してるなら大問題ですが・・・こんな事例が増えるのであれば

とりあえず病院、人身にするかしないかは・・・・

なんて交渉にならざるをえないかもしれませんね、揉め事は好みませんが・・・





| 車に関して | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京モーターショーなんですね

夜テレビを見ていたら、東京モーターショーが開催されてると

すごいですね自動運転の車がオリンピックの頃にはと大はしゃぎでした・・・

自動で目的地まで走ってくれるなんて、一昔前までは漫画やSFの世界でしたが

もう実験段階を経て実用化に向けて進んでるとか

躍起になって競争してるようです、未来に向かってものすごい夢のある話ですよね

自分で運転しなくても良い、車の中の時間が有意義に使用できる、運転しながら寝ることも・・

運転技術が未熟でも危険を回避できる、自動、車庫入れ、運転免許証も必要なくなるかも


などなどメリットは数え切れないほどだそうですが・・・・・

ふと考えると、必要ですか?そんな車?

公共交通機関がもっと充実してくれたら必要ないと思いますが・・・・

タクシーなら後ろで寝てようが、お酒飲んでようが目的地に必ず連れて行ってくれます。

自動運転が可能な自動車を購入するお金とタクシーのお金どちらがかかるか疑問に感じるのは私だけでしょうか






| 車に関して | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こっそりと

ハザードの点滅回数が保安基準に適合していないということで

こっそり、リコールでていますね、巷ではドイツ車の問題で持ちきりですが

ドイツ車よりこちらのほうが、ものすごくやばい事例だと思うのですが(日本においてですが)

仮に対象のドイツ車が輸入されていたとして、日本には現在それを違法だとする法律がないのだから

ものすごくイメージは悪いですが、法は犯していないことになる・・・でもって保安基準にも

おそらくは抵触していないとおもいます。(確かではないので明言は避けますが・・)

一方ハザードの件は完全にアウト!

『保安基準に適合していない』と言ってしまってます。

当然車検は通らないということです。

騒音の基準を超えるマフラーつけたり、太いタイヤ履かせてフェンダーからはみ出したり

そんな違法改造と同じレベルの話

でもって、法律では違法改造をした業者は罰金が課せられます

6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金だったような気がします・・・・

いつも思うことですが民間の小さな整備工場が同じことをしたらあっという間に行政処分、

もっといえばあそこの整備工場法律破って違法改造に手を染めた悪いところ。

メーカーさんは新聞には載りますがほぼ罰則が適応されたなんて話は聞いたことがありませんし

法律に適合しない車を作って悪い会社なんていわれることもありません。

高速道路で自動運転の試験してみたり、試験用のエンジンに積み替えて一般道走行したり

二次架装やったり、保安基準に適合しない自動車製作したりと、やりたい放題ですねw



| 車に関して | 17:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。