隊長の日記w

車、バイク、日常のこと暇見て書いていきますwたまに猫のタマも登場します

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンジンがかからない・・

こないだエンジンがかからないというお客様が、早速現場に急行
補助のバッテリーをつなぎとりあえず鍵を回し始動を試みますが
かかりそうにはなりますが・・かからない
初爆はあるがかからないという状況
お客様に話をうかがうとエンジンスターターでかけようと試みたがかからず
その後手動でかけようとしたがかからなかったということ
まあバッテリーが弱くてかからなかったのかな・・と整備スタート

プラグ交換してバッテリーをつなぎ再度始動・・・何とかエンジンかかりました。
診断機つないでみるとエンジン始動不良というコードが入ってましたがその他はなし
一応様子を見てもらうことに・・・

二日後またもや電話が・・・・まったく同じような症状
始動は出来ましたが念のため工場に入庫し点検をすることに
車両は平成20年D車の軽ワンボックス走行距離43000キロ程度
バッテリーの点検から始まり燃圧やら火花やらほぼ問題がない状況

あとは圧縮?まあ新しい車だし大丈夫だとは思うけど
測定してみると1番3番8キロ程度…2番だけ4キロ・・・
原因発見しましたw全く予想外の展開
ありえないでしょう…圧縮が下がるなんて
VVT?・・・VVTがだめなら3つとも圧縮上がらないはず・・そもそもついてないw
一応バルブクリアランスの確認・・ほぼ基準値内の収まっています

ということはピストンリングの摩耗・シリンダーの摩耗が原因?
この方オイル交換は半年に1回必ず行ってますし、エアーエレメントは車検ごとに交換されています
できる範囲でのメンテナンスはされている方
ヘットを下しシリンダとピストンを確認シリンダーの摩耗は異常なし
ピストンリングが固着してる様子もないちょっと張力が弱いかなという感じ
ピストンリングを交換し圧縮を測定基準値に戻りました
なんだか今までの常識が崩れ去る思いが…
昔から圧縮・火花・混合気この3つがそろえばエンジンはかかる
この3要素は修理の基本でしたがVVTの異常などがない限り圧縮は気にせず
火花と燃料を確認する
これでほぼ間違いなく問題は解決していました

最近の燃費競走の裏側で過酷な状況のもと酷使されるエンジン
少しでも摩擦ロスをなくすためにピストンリングも薄くなり張力も抑え気味

こんな状況になり20年前軽自動車なんて10万キロ走ったら廃車だって言ってた頃に
精度と技術が上がったことにより逆戻りしてるような気がします

電気自動車やハイブリット何年乗れるんでしょう?




スポンサーサイト

| 自動車整備 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安全なはずなのに…part2

こないだアクセルとブレーキの踏み間違えの話しましたが今回は

あの・・福岡の事故トヨタのプ〇ウスの話…
ブレーキがきかなかったと証言されているようですが‥
ブレーキがきかないだけでは、あのような事故にはつながらない
そもそも、ブレーキがきかない状況というのはアクセルから足を離した状態と同じで
きかないブレーキをいくら踏んでも車が加速することは下り坂でもない限り絶対にないはず


なので運転者のいうようなことが起きるとするとブレーキ+アクセル(加速をする装置)の不具合が同時に起こらないと
起きえないことだと思います・・・そんなことが起きる可能性は限りなく0に近いことまあないでしょうw

では運転手の方が踏み間違えを隠しているのか?それも考えずらい
自分で死のうと思ってアクセルを踏んでいるのなら可能性はありますが
アクセルとブレーキを踏み間違えたとしてあの距離をペダルの踏みかえをすることなく踏み続けるというのは
あまりにも考えづらい『ブレーキがきかない!一度ペダルを離してもう一度踏みなおす』

これが自然の流れなような気がします、そうすればアクセルを踏んでる足を一度放すわけですから、
加速し続けることはないであろうし、踏み間違いにも気づくはず・・・というのが隊長wが思うこと

では何が起こったのか?
トイレ?のそばに車を止めていたところからスタートするときにアクセルを踏んだ当然加速します数十キロになり
踏んだアクセルを戻すが、アクセルが戻らない当然車は加速します危険を察知しブレーキを踏む
一応ブレーキは踏んでいるがアクセルを踏みながらブレーキを踏んでいる状態思ったような制動力が得られない
これがブレーキがきかない状態だったのでは?
そこでエンジンブレーキをかけるためにBレンジに変則するが・・・アクセルを踏んでいればエンジンブレーキはかからない
そう考えれば運転手さんの言ってることの説明がつきそう
シフトを操作する余裕があるならNレンジにもしくはPレンジにと言われてる方がいらっしゃいますが
そもそも走行中そのレンジに入れることができるのでしょうか?
サイドブレーキもワイヤーで機械的に引っ張るものであれば可能だけどそれも走行中かけれるかどうか?
今度試験してみますw

人為的なミスでアクセルが戻らなかったのか(そもそも踏み間違えや足マットなどによりペダルが戻らないなど)
なのか・・
機械的な不具合なのか・・しっかり検証しないといけませんね

続きに可能性がある部品を書いてみます




≫ Read More

| こんなこと書いても良いのか? | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これでも動くって…

平成22年登録で走行距離は13万キロ・・・お仕事で使用しているトヨエースが入ってきました
トヨタさんの1KDというエンジンが積んである車
症状は・・・ノッキングがするということ ガソリン車じゃないんだからノッキングなんて…と思いながら試運転

あら見事にアクセルを踏んでいくと途中で見事にノッキングが起こりました症状的には
2000回転くらいまではスムーズにエンジン回転が上がりそこで一休み
その後またエンジン回転が上がっていくという感じ

早速高度診断機を接続ダイアグコードが入って無いか点検EGR系・バキュームセンサー系・DPR系と数か所
不具合のコードが入ってました・・どれが悪いの?DPR系ということで排気系をを点検し
バキューム系は負圧系つけて点検・・EGR系はバルブなど動いてるかどうか点検することに
ガソリン車などではよくEGRバルブの不具合でエンジンが不調になることがあるので
まずはそのあたりから進めようとbulbを一部分解するとすごいことになっているではありませんか

こんなひどい状況の車見たことがないというぐらいの光景です

20161203001.jpg 
まずは取り外したEGRバルブ中を見てびっくりです排気のすすやらスラッジがびっしりほぼ詰まってるような状況
ちなみに、バルブのマフラー側もマニホールド側も同じ状態です
完全に詰まってくれたら、エンジン調子よくなるかもですw


20161203004.jpg 20161203002.jpg
当然ですがその先のインレットマニホールドも上のような状況、シリンダヘット側の写真なので

当然
20161203003.jpg
ヘットもこんな状態・・・おそらくはシリンダヘット内部も似たような状況
これだけスラッジやすすで詰まってる状況なら上に書いたコードが出ても不思議ではない

まずはこのスラッジをきれいにするところからスタート当然吸気側がこれだけの状況になってるので
DPR(排気側)も清掃しますどうせだめなら交換ですから中性洗剤つけて洗車機で洗います
EGRのバルブもきれいにそして動きが悪くなってた部分も動くようにします

さて問題はエンジンの内部シリンダヘット内バルブ回りの清掃をどうするか
ヘットを下して清掃するのがいちばんよいのですが今回は、エンジン内部洗浄機エコクリーンを使用することに
エコクリーンっていうのは燃料に洗剤混ぜて燃焼室をきれいにする装置(同じような添加剤は各社からたくさん出てます)
という一連の作業を行いいざ試運転かなり改善されましたが
やはりEGRのバルブの動きがいまいちのようで試しに完全にふさいで走ってみるとすこぶる好調に
最終的にEGRバルブを交換し修理完了

おそらくはエンジンオイル交換時にDL1DH2などの専用オイルを使用していなかったとか、
使用状況が市内での使用が多く低速低回転での使用が多かったためDPRもつまり気味にあわせて
EGRバルブ等にも汚れが付着し排気が必要以上に吸気にまわったと推測されます。

その後は元気に走ってるということなので安心しました~






| 自動車整備 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旨物工房2号車

旨物工房1号車として活躍していたトレーラが売れてしまい
のんたの実のんたの穂販売のための機材運搬をする車両が無くなるということで
急遽!2号車を製作しました、と言っても暇見て作っていたものを完成させたわけですが‥

20161116001.jpg 20161116002.jpg

製作車の検討書作成するのにこんな感じで寸法入りの図面作りますこれ横から見たところ
ありゃ・・荷台オフセットが記載されてないw

20161116003.jpg 20161116004.jpg

でもって後部からと前部の寸法後方からの写真実は間違いが一か所w(最後にこたえ書いときます)
ランプの取付位置やら・・色やら新規なら白だけど古い物はオレンジだとか‥
トレーラー製作するたびに法律が変わっているような気がします

この寸法図のほか材料の強度検討書、フレームのどの位置にどのくらいの荷重がかかるかとか
最大安定傾斜角とか、保安基準に適合してるかどうかの検討書などなど添付して
軽自動車検査協会さんに提出し審査をしていただきます

結果OKということであれば改造自動車等審査結果通知書を交付していただきいざ検査場へ

まずはブレーキと電気周りの検査、牽引車につけたまま走行試験
その後は長さ・高さ・幅など、寸法や重さを測り通知書と同じかどうか検討しOKが出ればいよいよ登録
の前に新しい車体番号を打刻(今は貼り付けて封印するタイプ)してもらい
それを確認後いよいよ新しい車検証が出来上がりナンバーをもらい完成
今年最後の物産展では、1号車に代わり2号車が活躍できました。

また軽トラが入庫したら3号車を作るかも知れません。

さいごに・・・何が間違いかというと正三角形の反射板がさかさまののですw









| 車に関して | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安全なはず・・なのに・・・

ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故
バックに入ってると思ったら前に走り出したなんて事故全国で多発しています  

トヨタ 「インテリジェントクリアランスソナー」 日産 「踏み間違い衝突防止アシスト」
ホンダ 「誤発進抑制機能」 三菱 「誤発進抑制機能」 マツダ 「AT誤発進制御」
スバル 「AT誤発進抑制制御」 ダイハツ 「誤発進抑制制御機能」 スズキ 「誤発進抑制機能」

と各社同じような名前で多くの自動車に装備されています、最近では後進時にも作動する物も出てきました


車はどんどん進化しています。
一昔前はアンチロックブレーキシステムとか横滑り防止装置とか・・
安全に操縦するための装備の時代があり
その後はエアバック・・・プリテンショナー付きシートベルト、衝突安全ボディーと衝突時の安全の確保の時代に・・
そして最初に書いたように・・うっかりミスをカバーしてくれる装置が普及・・・・
今後は自動操縦の時代になっていくのだと思います

安全確認の方法も目視からミラーに代わり今はカメラが主流になりつつあります
昔の車ナビゲーション付きでも、バックカメラはオプションでした、最近はナビ無しでもアラウンドビューとか
わざわざ後ろを見なくてもモニターに映し出される映像を確認しながらバックするようになってきました。

お金をかけより良い装備を付ける=安全なはず・・・
そうゆう考えのもと法規制が行われ、新しい装備が取り付けられてきました。

そろそろ限界なのではないでしょうかどんなに素晴らしい装備があっても使用するのは人間です
高齢者の方がとか・・運転中の携帯電話がとか・・飲酒運転がとか・・
そんなすべての事に対して安全を追求する装備の開発より
ひと手間もふた手間もかかる操作の面倒な自動車
エンジンかけるのにも一筋縄ではいかない複雑な操作方法の自動車
など

自然と車を手放す方向に仕向ける自働車が必要な気がします
そんなことする自動車メーカーは出てこないでしょうけどね



| こんなこと書いても良いのか? | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。